庭づくり三宅 HOME>>庭づくりについて>>詳しい剪定方法の説明

詳しい剪定方法の説明

  「透かし剪定」を基本的に行います。

 毎回刈り込んでばかりいますと外側の枝が密生してきます。

 

 そうしますと、中の方にだんだんと光が入らず、風も抜けないような環境にな 

 り新しい枝が生えない事や、病害虫の温床にもなってしまいます。

 

 透かし剪定ですと、不要な枝をはずし、光や風が抜けるようになりますので 

 中側に新しい枝も生え、病害虫もつきにくくなります。

 

 そして、庭の木にあったサイズに枝ぶりや枝数を調整し、幹から枝先に向か 

 っての樹形を考えて剪定しますので、先の枝葉が風に揺れるさらさらとし 

 た雰囲気に仕上がります。

 

 お庭や、時期によって、一回の剪定で一気にやるのではなく、月日をかけ 

 て少しずつ透かしていくこともありますし、生垣などは刈り込みを行った後で 

 枝の整理をするという場合もあります。

 透かしてほしくない生垣や庭木などを無理に透かしたりも致しません。

 作業させて頂くお庭によって柔軟に対応いたします。

庭づくり三宅

京都府宇治市神明宮東59-3

tel 0774-21-0333

fax 0774-21-0077

e-mail niwadukurimiyake@gmail.com